コンテンツへスキップ

 

 

BMW E36&E46 リアコントロールアーム

 

サーキット走行において、タイヤの性能を使い切る事が一番重要になります。
その為に、車高・キャスター角・キャンバー角・トー角等のアライメントを調整します。

BMW(E36・E46)の場合、リアキャンバーの調整幅が少ないのが現状です。
足廻りの交換等で車高が下がった際に、アライメント調整を行う場合に必要なアイテムです。

街乗り中心のローダウン車にも同じ事が言えます。
よくあるのはローダウン車にありがちなタイヤの内側が減ってしまう状態です。
これは、ローダウンした場合にキャンバー角が変わってしまう為に起こります。
これらの状態を正常に戻す、又任意の状態に合わせる重要なアイテムです。

純正とほぼ同じ重量ながらも強度を確保する設計としました。
NMB(ミネベア)製ロッドエンド(HRT)を採用し耐久性も考慮しました。

 

適応:BMW E36&E46

価格:¥68,250(税込)

材質:STKM13A(ターンバックル調整式)


 

 

BMW MINI(R53) ピロアッパーマウント

 

3ピース構造とする事で、キャスター角及びキャンバー角を調整する事が出来ます。

又、ミドルプレート面を下げた事で、調整ボルトがボディに干渉する事なく調整が可能です。

※スフェリカルベアリングはNMB製を採用。

※直巻スプリング用アッパーシート付属(idØ60用)


 

 

BMW MINI(R56) ピロアッパーマウント

 

3ピース構造とする事で、キャスター角及びキャンバー角を調整する事が出来ます。

又、ミドルプレート面を下げた事で、固定ボルトがボディに干渉する事なく調整可能としました。

※スフェリカルベアリングはNMB製を採用。

※直巻スプリング用アッパーシート付属(idØ60用)


 

 

BMW E46M3 ピロアッパーマウント

 

3ピース構造とする事で、キャスター角及びキャンバー角を調整する事が出来ます。

又、ミドルプレート面を下げた事で、調整ボルトがボディに干渉する事なく調整が可能です。

※スフェリカルベアリングはNMB製を採用。

※直巻スプリング用アッパーシート付属(idØ60用)


 

 

サーキット走行において、タイヤの性能を使い切る事が一番重要になります。
その為に、車高・キャスター角・キャンバー角・トー角等のアライメントを調整します。

MINI(R50/52/53・R55/56/57)の場合、リアキャンバーの調整幅が少ないのが現状です。
足廻りの交換等で車高が下がった際に、アライメント調整を行う場合に必要なアイテムです。

街乗り中心のローダウン車にも同じ事が言えます。
よくあるのはローダウン車にありがちなタイヤの内側が減ってしまう状態です。
これは、ローダウンした場合にキャンバー角が変わってしまう為に起こります。
これらの状態を正常に戻す、又任意の状態に合わせる重要なアイテムです。

純正とほぼ同じ重量ながらも強度を確保する設計としました。
国産強化ブッシュを採用しましたので異音の心配もありません。
両端部はロッドエンドへの変更も可能としました。

 

適応:BMW MINI

価格:¥50,400(税込)

材質:STKM13A(ターンバックル調整式)


 

 

BMW E36用

価格¥294,000(税込)

 

内容

SRE(Sachs Race Engineering)製ダンパー

FRONT:12K(Swift製6inch-idφ60)

REAR :14K(swift製6inch-idφ60)

※スプリングレートの変更可

※Swift→HYPERCOへの変更も可

ウレタン製直巻きスプリング用リアアダプター

専用調整レンチ

 

オーナーの使用用途に合わせたセミオーダーシステムを採用しております。

 

F1・WRC・WTCC・フォーミュラーニッポン・F3・スーパーGT等のトップチームも採用する、SRE(Sachs Race Engineering/ザックス レース エンジニアリング)製ダンパー。

フロントダンパーは剛性の確保とフリクションロスの低減を考慮し、ツインチューブを採用。

リアダンパーは大径ピストンを採用したモノチューブ式を採用。

使用する部品はレーシングダンパーにも使用する高精度な部品を使用。

ロール量・ロールスピードを決定するスプリングレートに合わせた減衰力設定。

積極的にサスペンションを動かすダンパーストローク設定。

ハイグリップラジアル~Sタイヤの装着を想定した設定。